READYFOR Tech Blog

READYFOR のエンジニアブログ

RubyKaigi 2022 に弊社エンジニア・栗原が登壇しました!

こんにちは、READYFOR DevHR の関根です。 2022年9月8日~10日に開催されたイベント、RubyKaigi 2022 に READYFOR のバックエンドエンジニア、栗原( @ksss )が登壇しました! 登壇者について @ksss プロダクト&エンジニアリング本部 システム基盤部 バッ…

Upgrading READYFOR Rails from 5.2 to 6.0

こんにちは、READYFORでバックエンドエンジニアをしている安本です。 2022年10月17日に主要サービスのアプリケーションをRails 5系からRails 6系へとメジャーアップデートしました EOLが"Support for Rails 5.2.8 ended on 2022-06-01"ということもあり、空…

READYFOR Updates #4:TOP画像が複数枚設定できるようになりました !

こんにちは、READYFORでプロダクトマネージャー(PdM)をしている槙(まっきー)です! updates top READYFOR UpdatesというシリーズではREADYFORがリリースしたり改善を行ったプロダクトについて、「どんなことができるようになったの?」「そもそもどうや…

コドモンさんのミノ駆動本輪読会に呼ばれました

こんちはー、リファクタリング大好きなミノ駆動です。 私は初級〜中級向けのソフトウェア設計入門書『良いコード/悪いコードで学ぶ設計入門』(通称「ミノ駆動本」)を2022年4月に出版しました。 拙著はありがたいことに、さまざまな勉強会グループや企業さ…

組織全体の設計推進には必ずチームビルディング!

こんちはー、リファクタリング大好きな ミノ駆動 です。 書籍『良いコード/悪いコードで学ぶ設計入門』 の著者です。 READYFORでアプリケーションアーキテクトとして務めています。 この記事は、8/20(土)に開催された オープンセミナー岡山2022 の登壇レポ…

転職する気ゼロだった自分がREADYFORに入社した理由

はじめまして、DevHR マネージャーの小野です。 2022年6月に「誰もがやりたいことを実現できる世の中をつくる」をVisionに掲げるREADYFOR株式会社に入社しました。 入社して約3ヶ月経ち「すごくいい会社で働けている」と思っています。 タイトルの通り、転職…

"RBS generation framework using Rack architecture"の予習記事

システム基盤部の栗原です。 RubyKaigi2022楽しみですね。READYFORからは、私栗原から発表させていただくことになりました。 https://rubykaigi.org/2022/presentations/_ksss_.html 今回は皆様によりトークを楽しんでいただく為に、予習となる要素を集めま…